顧問料はどういうもの

顧問契約を結ぶと、顧問料として月々一定の金額を弁護士へと支払う事になります。顧問料は契約を結んだ弁護士によって金額が変わってきますが、相場としては5万円程度とされており、高くても10万円前後となっています。この顧問料は、例えばトラブルが起きなかったり、相談をまったくしなかった月が発生したとしても固定料金として支払う必要があるので注意が必要です。

そして顧問料とはどういうものなのかというと、顧問弁護士が法律相談や事件処理といった依頼をこなした際に、その金額内でこなせる依頼ならば追加費用が発生しないというものです。顧問料が10万円だとした場合、10万円相当の法律相談・事件処理といった依頼ならば追加料金は発生せず、気軽に相談などを行えるという事になります。もちろん顧問料を超える依頼であった場合は、顧問料とは別に弁護士費用が発生する事になるので、顧問料以外に絶対に費用が発生しない訳ではないという事を覚えておきましょう。

また事件処理などを依頼をした場合、その内容によっては顧問料とは別に委任契約を結んで費用が発生することもあります。この場合は弁護士費用が必要となりますが、顧問契約を結んでいる企業ならば弁護士費用が通常の依頼に比べて割り引かれることもあり、決して顧問契約を結んでおいても無駄になるという事にはなりません。顧問料はあくまで目安の料金ですので、大きな事件処理などを任せる際には別途費用が必要になると考えておくと良いです。