弁護士の顧問契約

弁護士と顧問契約を結ぶ方法は、基本的に弁護士へ弁護を依頼する場合の方法と変わりありません。まずは事前に電話で日時を指定して予約をしておき、予約当日にどういった業務をして欲しいのかや顧問料などについてさまざまな相談をし、それらの交渉がまとまれば契約をする事になります。顧問料や企業側の求める業務の確認は、契約をした後の企業法務相談などの業務をスムーズに行うためにも必要な事ですから、絶対に忘れず確認しておくようにしましょう。

実際に会って顧問料や印象を確認し、その上で問題がなければ顧問契約を結ぶことになりますが、顧問契約を結ぶ際には弁護士側が顧問契約書を作成してくれます。ですので企業側は捺印用のハンコなどを用意しておくと良いですから、契約書などの準備は必要ありません。また、必要な物がわからないという場合は事前に電話などで弁護士に相談しておけば、必要な物を教えて貰えるので安心して顧問契約へ臨むことができます。

顧問契約を結ぶ場合、その手順は通常の依頼をするのと同じ手順で行う事ができます。契約書などを企業側で準備する必要はなく、締結すると決めた後で弁護士側が用意してくれますので、基本的にはハンコなどだけを持っていけば問題ありません。電話やメールでの予約・確認に対応している弁護士事務所も多いですから、不安にあった際は事前に確認をしておきましょう。