弁護士の顧問契約

企業を運営していく中で、さまざまな法的トラブルが起きてしまったという経験のある経営者は少なくないでしょう。近年では経営の中で起きるトラブルも種類が増えてきており、自分で判断するのが難しくなってきていますから、法律のプロフェッショナルである弁護士と顧問契約を結んで企業法務相談ができるような体制を作っておくのがおすすめです。顧問弁護士は企業法務相談を行う上で非常に頼りになる存在であり、経営で必要とされる法律関係のアドバイスなどを受ける事もできますし、法的書類の作成といった業務も行って貰えるため、知識のない人では判断が難しい法的な部分で頼りになります。

ですが、弁護士と顧問契約を結ぶ際にはいろいろと知っておかなくてはいけない知識もあります。例えば顧問弁護士として契約をすると月々顧問料として一定の金額を支払わなくてはいけません。この顧問料がどういう意味を持つのか、相場はどのくらいなのかを知らないと、顧問弁護士として契約をしたのに余計な出費が増えてしまうという結果になってしますでしょう。また、顧問弁護士になってもらう弁護士選びの際にも、どのようなポイントに注目して選べば良いのかがわからないと、せっかく契約をしてもイマイチ力になって貰えない場合もあるため注意が必要です。

当サイトでは弁護士と顧問契約を結ぶ方法、顧問料とはどういったものなのか、相場はどのくらいなのか、そして弁護士を選ぶ時に注目すべきポイントについて紹介していきます。企業の経営をしていくなかで、法務相談ができる顧問弁護士はとても貴重な存在です。弁護士と顧問契約を考えている経営者の方にとって、当サイトが一助となれば幸いです。